瓢箪で楽器作り 古来から、世界中で広く容器として用いられてきた瓢箪。 実は楽器としても広く用いられておりました。 瓢箪ミニドラム そこで、今回の瓢箪ワークショップは民族楽器づくりに挑戦です。 ・ミニドラム ・シュケレ ・ビリンバウ の3つの中からお好きなものをひとつ選んでいただきます。 シュケレは、 西アフリカ(ヨルバ族)起源の伝統的な民族楽器。 ビリンバウは、 アフリカからブラジルへ伝わったとされる楽器で、 主にブラジルで、武道・踊り・音楽が一体となった伝統武芸カポエラで使用されます。 当館を定期的にご利用いただいている「NPO法人カポエラジェライス」様には、 過去のワークショップでビリンバウを演奏していただきました。 あまり触れる機会のない瓢箪と民族楽器で、 瓢箪の調べを奏でてみませんか。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 【日時】2016年11月12日(土)10時30分〜14時 <終了しました> 【開催場所】京都市東山いきいき市民活動センター 【定員】15名(先着順) 【参加費】下準備済みの千成ひょうたん1個に付き500円 (9月24日までのひょうたんワークショップに 1度でも参加された方は、参加費が無料になります。) 【持ち物】汚れても大丈夫な服装 【お問合せ先】 京都市東山いきいき市民活動センター 〒605-0018 京都市東山区三条通大橋東入2丁目下る巽町442番地の9 (花見小路通古門前上る東入る南側) TEL:075-541-5151